お知らせ | 未来の環境美創造を宣言する 福井県環境保全協業組合

お知らせ

アーカイブ:

2023年新卒採用試験日程のお知らせです。

2023年新卒採用試験の日程をお知らせします。

2022年4月25日(月)と4月28日(木)、それぞれどちらかの日を選んで参加することが可能です。
試験会場は福井県福井市の本社で、当日のスケジュールは午前9時から筆記試験と面談を1日で実施する予定です。
採用試験に参加ご希望の方は、応募締切4月11日(※当日消印有効)までに履歴書を本社まで郵送にてお送りくださいますようお願いいたします。


2023年新卒向けの採用情報をアップしました。

2023年新卒向けの採用情報をアップしました。

募集職種は「環境測定・分析及び作業環境測定」です。
水質、大気、土壌等の試料をサンプリングして分析したり、騒音や振動を測定しましす。                              また、労働者の作業環境の実態をは握するためデザイン、サンプリング及び分析を行います。
環境測定・分析や作業環境測定を通じて様々な環境問題の現状を把握し、今後の対策を提案する、そんなプロを目指してみたい貴方!
採用情報のページをご覧ください。


既卒者向けの採用情報を更新しました。

既卒者向けの採用情報を更新しました。

「浄化槽・下水道維持管理・貯水槽清掃・排水管清掃」及び「環境測定・分析及び作業環境測定」の既卒者向け採用情報を更新しました。
自分の知識と経験をもっと活かしてみたい、新たな分野に挑戦してみたい、そんな貴方! 採用情報のページをご覧ください。


溶接ヒュームばく露測定の経費助成制度のお知らせ(追加情報)

先にお知らせした溶接ヒュームばく露測定の経費助成制度に関して、事業の執行団体及び手続の詳細が決まりました。
その手続きや流れについては下記のサイトをご参照ください。
http://zeneiren.or.jp/hazardous/index.html

事業の執行団体:公益社団法人 全国労働衛生団体連合会
申請期間:1回目:7月1日~8月31日(補助金枠1億円)
     2回目:10月1日~11月30日(補助金枠4,200万円)
-------------------------------------------------------------
 申請には①測定費用見積書(写)、②事業場の概要書、③作業場書の見取り図等の書類が必要になります。
 尚、①の見積書は作業環境測定機関(第4号(金属)に係る登録のある機関)が作成したものに限られます。
 申請期間終了後、概ね1ヶ月以内に交付または非交付の決定通知書が届きますので、交付を受ける場合にはその通知が届いてから測定を実施することになります。
 また、測定実施後には作業環境測定実施結果報告書、測定結果報告書(写)、請求書兼納品書(写)の提出により実績報告が求められます。


溶接ヒュームばく露測定の経費助成制度のお知らせ

中小企業に対して、溶接ヒュームばく露測定に要する費用の一部を補助することを目的として補助金が交付されることとなりました。
詳細は「厚生労働省 有害物ばく露防止対策補助金」のホームページをご参照ください。

間接補助金の申請・交付に関するおおまかな流れ(具体的な申請期間や申請方法などは未定です)

①補助事業者(執行団体)の公募:令和3年5月6日締め切り
  ↓
②補助事業者決定後、補助金申請・交付に関する詳細な情報が開示される見込み
  ↓
③1回目の募集期間内(受付開始日より60日間)に補助金申請を行う
  ↓
④期間内に申請された補助金の総額が予算を上回った場合、申請者ごとに加点方式(※)により計算を行い合計点の高い順に予算額に達するまで交付される
  ↓
⑤3~6か月の期間を空けて2回目の募集期間が設定される
  ↓
⑥令和4年2月末日までに溶接ヒュームばく露濃度測定等の実績報告および精算支払申請を行う
 (令和4年3月1日以降の申請については支払われない場合がある)

※加点方式とは・・・下記項目ごとに点数を配分し加点していく形式(配分は未定)
1.事業場の規模:労働者数が少ない方を優先
2.作業頻度:溶接作業時間が長い方を優先
3.測定方法:作業環境測定機関に所属している作業環境測定士のうち、個人サンプリング法の登録を受けている作業環境測定士が実施したものを優先